自称リケジョの浦島難民

気がついたら高校二年生です

俺の日常生活を小説風にしたらこうなった。

今日は卒業式。

先輩の。

移動するまでの時間、教室でみんなしゃべってた。

まぁ俺は喋る人なんていないけど。

周りが若干ざわついていたから

九龍レトロの練習してた。

そして卒業式

320人分の卒業式

はっきり言って長い長い

そして眠かった

「先輩歌に感動してくれるかな?」と思いつつ、

先輩の泣き顔を必死に探している自分がいた。

卒業生の言葉で代表の先輩が泣いてた。うん、それだけ。

退場する時、先輩たちがクラス全員で「ありがとうございました!」って言ってた。

2年後には俺も泣くなって思った。